三崎漁協について
施設紹介
岬あじ・岬さばの概要
HOME
岬あじ・岬さば
漁協の紹介 岬あじ・岬さばの概要
岬あじ・岬さば 佐田岬半島
産地直送システムで一本釣りの旨みを直送
活きの良さが命のアジ、サバは、釣った後の処置も肝心。三崎漁協では、漁港の大きな生け簀で最低1日は魚を休ませ、ストレスを抜いてから、活けしめし、氷水で身を引き締めて出荷しています。三崎には3つの支所がありますが、品質に差が出ることを防ぐために、最終的な出荷は本所で一括して行っています。こうした一連のこだわりによって、魚本来の美味しさをそのまま食卓に届けています。三崎漁協から、新鮮な岬あじ・岬さばを東京・大阪の百貨店や高級スーパーに直送しています。仲買人は通さない、漁協による産地直売方式が三崎流。漁協職員自ら販路を切り開いた長年の努力の結果です。