速吸瀬戸は宝の海
HOME
旨い魚の宝庫
瀬戸内海と太平洋の豊かな海流が混ざり合う豊予海峡は、餌が豊富で潮流が速く、タイをはじめ、ブリ、アジ、サバなどの一大宝庫をなしています。起伏に富んだ海底は魚にとって絶好のすみかである上に、「瀬」と呼ばれる釣りのポイントも多数あり、絶好の漁場となっています。豊予海峡で捕れるアジ、サバは、この瀬に稚魚のときから棲みつき回遊しているといわれています。餌に恵まれ、急潮にもまれた岬魚は身が締まり、程よく太って脂がのっています。水温の変化が少ないので、脂の量が年中ほぼ一定しているのも特徴です。  
三つの潮流が行き交う「速吸の瀬戸」
豊予海峡は、潮の流れが非常に速いことから「速吸(はやすい)の瀬戸」とも呼ばれています。南北から海峡に流れ込む潮流は、わずか13.5kmの狭い瀬戸で行く手を狭められ、最大約5.5ノット(時速約10km)にも達する急流となります。この激しい潮流が魚の身を引き締めるというのはよく言われることですが、岬魚が旨い理由はそれだけではありません。豊予海峡には、北は関門海峡、東は瀬戸内海、そして南は太平洋からの3つの海水が交互に流れ込んでいます。この世界的にも珍しい3つの潮流から運ばれる豊富な栄養素が、豊予海峡の豊かさの大きな要素となっているのです。
さらに、漁民自らこの海を守ろうという取り組み(ゴミを捨てない・巻き餌を禁止・規格外の稚魚は放流)などの地道な努力も豊かさの要因ではないでしょうか。
 
 
 
豊予海峡海底断面図
四国・松山・佐田岬
四国・松山・佐田岬
四国・松山・佐田岬
四国・松山・佐田岬
豊予海峡の海底はとても複雑です。まず佐田岬と佐賀関を結ぶ線上には、馬の背のような尾根(海底山脈)が走っていて、水深60mから100mの浅い瀬が連なっています。この瀬の南北に、「海釜(かいふ)」と呼ばれる、すり鉢状に深く落ちくぼんだところがあります。佐田岬沖で海底山脈を越えた海流は、すごいエネルギーで山脈の斜面を流れ落ち、ちょうど滝つぼのよウニ海底の土砂を押し流して海釜を形成しているのです。水深は200mから深いところでは400mを超えるところもあります。この起伏に富んだ独特の地形が、豊富なプランクトンを発生させる要因となっています。  
海流には大きく分けて二つの層があります。水温の高い表層と、水温の低い底層の海流です。豊後水道には、南の太平洋から低層の海洋深層水が繰り返し流入しています。この海流にはプランクトンを発生させる「栄養塩」が豊富に含まれています。一方、豊予海峡の表層には、北の関門海峡、東の瀬戸内海との干満の差によって生じる急潮が流れ込んでいます。この潮流が、複雑な海底地形と相まって低層の深層水を上下撹拌し、栄養塩を多く含んだ深層水を表層に湧き上げる「湧昇流(ゆうしょうりゅう)」を起こしています。  
「栄養塩」とは、塩素、リン、ケイ素などの栄養素を多く含んだ塩類のことで、太陽光の届かない水深200m以下の海洋深層水に多く含まれています。この栄養塩が湧昇流によって上昇することで、太陽光の届く表層で植物プランクトンが増殖し、動物プランクトン、魚介類へと食物連鎖が連なり、豊かな漁場が形成されます。一方、植物プランクトンに取り込まれた栄養塩は、植物プランクトンの死骸や動物プランクトンの糞となって沈降し、海底で分解されて栄養塩に戻ります。そして再び、深層水に豊かな栄養塩が蓄積されていくのです。豊予海峡の豊かさは、こうした自然の摂理が複合的に関わって育まれています。日本有数の特異な海と呼ばれるゆえんです。  
 
 
三崎・海 三崎・空
三崎・佐田岬灯台 三崎漁港
日本有数と誇る豊かな海も、無秩序な乱獲を繰り返せば瞬く間に荒れてしまいます。三崎の漁師は豊かな漁場を後世に残すために、先達から受け継がれてきた自然派漁法をかたくなに守り続けています。三崎地区では撒き餌(まきえ)は一切使いません。また撒き餌は海を汚し、魚も生臭さが出やすくなります。フグ漁も昔ながらの底延縄(はえなわ)。中層を引く浮き延縄のほうが効率は良いのですが、それでは他の魚にもあたってしまいます。アジやサバの稚魚が棲みつく瀬でも行いません。根こそぎ捕らず、魚の生態を守ること、それが三崎の海のルールです。一見不便で非効率な自然派漁法ですが、実はそれこそが豊かな漁場を守り育むための最大の知恵なのです。