三崎の漁師が先達から受け継いだこだわりの自然派漁法は4つ。魚の一本釣り漁、サザエ・アワビの素潜り漁、伊勢エビの刺し網漁、フグの延縄漁。日本有数の豊かな漁場を孫子の世まで守り譲るため、三崎の漁師たちは今日も昔ながらの漁に出ています。



豊富な海藻を食べ、荒波にもまれたサザエやアワビ。
三崎では「海士(あまし)」と呼ばれる男性が素潜りで捕るのが伝統。
ここ三崎が海士発祥の地ともいわれる…素潜りの漁法は昔と何ら変わらず。
腰に鉛をつけて30m程度の深さまで潜り、息の続く限り獲物を探して、採りあげる。
海底にいられるのはせいぜい2 分ほど。
海上との間をこきざみに往復しながら、磯笛を吹いて空気を貯えてはまた潜る。
体力の限界へ挑む、身ひとつの漁。
それが宝の海を守るために三崎の海士たちが自ら定めた掟。



三崎の漁師は一本釣りで釣り上げた魚だけを「天然もん」と呼ぶ。
「釣った魚は網で捕った魚に比べて旨さが格段に違う。」と
釣った魚の活きにこだわる三崎漁師の心意気。
一本釣りの餌はブリやアジ、タイなど漁に応じて活きた餌や疑似餌を使い分け
同じ漁でも漁場や潮の加減によって使い分ける漁場の読みこそが、漁師の真骨頂。
潮を読み、風を読み、山を見て、ここぞというポイントに針を落とし
ひとたび魚が食いついたら 50mの釣り糸を腕一本でとりサバく「匠の漁」。
魚の旨さを損なわないため一秒でも早く引き上げるのが腕の見せどころや!



三崎のフグ漁は底延縄漁。沖合で縄を落とし、海底に無数の針を這わせていく。
餌はイワシのぶつ切り。何千個もある針に一個ずつ餌をつけていく…
フグは皮が固いため、使った針にヤスリをかける手入れもひと仕事。
「ヤスリのかけかたひとつで魚のかかり具合がちがうんよ!」と漁師はそろって口にする。
漁は夜明けに始まり、縄を入れてから2 時間、縄を巻き上げるとふくれたトラフグが次々に姿を現す。
生け簀に入れたフグが鋭い刃で傷つけ合わないよう歯を切り、手早く腹から空気を抜く。
切りすぎれば死ぬし下手をすると指をちぎられる、魚との真剣勝負。



伊勢エビの刺し網漁は、夕方網を仕掛けて翌朝引き揚げ。
伊勢エビは、昼間は岩場に隠れ、夜、餌を求めて行動するのが理由。
その上、波の静かな夜には動かず、海が荒れると活発に動き始める伊勢エビ漁。
おのずと時化た闇夜が好漁の危険な漁となる。
万が一、天候を見誤ると、翌朝網を揚げに行くことができず
水揚げがないどころか大切な網を失ってしまう…
無理に網を揚げに行くと、岩場に引っかかった網が錨のようになり、船が転覆しかねない…
「熟練漁師の天候と潮の読みのうえに伊勢エビ漁は成り立つ!」
こうして全国に出荷される伊勢エビは三崎自慢の高級食材。まさに天然の海の宝物。


秘伝の漁法四季の宝物漁から加工まで三崎漁協について新規漁業者募集WEBショップ関連LINK



〒796-0822 愛媛県西宇和郡伊方町串19 
TEL:0894-56-0111 FAX:0894-56-0632 
e-mail:info@misaki.or.jp

Copy Right(C) Misaki-JF All Rights Reserved.